カップル

人気の結婚指輪でプロポーズしよう|恋から愛に変わる瞬間

結婚式が決まったのなら

花嫁

3つの購入方法

結婚式で着用するウェディングドレスを手に入れる方法は、大きく分けると主に3つの方法があります。1つ目はウェディングドレスをフルオーダーで作成する方法です。自分の体型や理想のイメージにぴったりあった、希望通りのウェディングドレスを手に入れることが出来るのがこちらの方法になります。2つ目は既製のウェディングドレスを購入する方法です。こちらは、フルオーダーよりも費用を抑えつつも、新品のウェディングドレスを手に入れることが出来るというメリットを持った方法になります。デザインが完成されているので着用した時のイメージがしやすく、失敗もしにくいです。ショップによっては試着をすることも出来ます。3つ目は専門のレンタルショップでウェディングドレスをレンタルする方法です。着用後の保管やクリーニングなどに気を遣う必要がないというのが、最大の特徴であり、メリットになります。

似合うものを選ぶコツとは

自分に似合うウェディングドレスを選ぶ時のコツは、なによりも、なりたい花嫁さんのイメージや自分の体型、隠したいパーツといったものをしっかりと事前に明確にしておくということが大切です。ウェディングドレスは非常に多くのデザイン・素材のものがあり、それぞれ身に着けた時の雰囲気や似合う体型というものが違っています。例えば、大人っぽい花嫁さんを目指したいのであれば、体のラインに沿うようなシルエットになっているマーメイドラインのウェディングドレスがお勧めですし、下半身をカバーしたいというのであれば、腰からふんわりとスカート部分が広がっているプリンセスラインや、全体のシルエットがアルファベットのAのような形になっている、Aラインのウェディングドレスが最適と言えます。